一般社団法人 桑名青年会議所

常任理事所信

専務理事 水谷 幸平

写真

専務理事
水谷 幸平

【所信】

昨年は新型コロナウイルスの影響により様々な物事が急変する年であり、我々青年会議所としても社会が混乱する中、設立時の初心に立ち返り、我々の運動の意義を見つめ直す年となりました。青年会議所は戦後の国難の中、青年がこの国を立て直し、この国の未来を創っていくという志のもとに産声を上げた団体です。現状を打破し未来を創っていくことが我々の責務だと考え、くわなのまちのため今まで以上に活動していく必要があります。

青年会議所とは青年が集い議論をする団体です。集い議論することが困難な状況の中、技術革新により今までより参加しやすい環境を提供し、直接会うこと無しに議論を交わすことが可能になりました。皆が集い議論をすることは大切ですが、社会の状況に合わせ、運動を止めることなく前に進み続けることが何より大切であると考えます。どのような状況下でも最良の議論の場を提供しメンバーのおもいを最大限に反映するとともに、一致団結して邁進し、我々の運動に地域を巻き込む組織運営が責務に違いありません。青年会議所には成長の機会が多くあります。例会を通じた自己成長、事業の構築による気づき、他のメンバーとの交流、議論による視野の拡大や考え方の変化など、得られる成長は多岐にわたります。成長の機会は例会や事業に参加する他にも出向や他の地域の青年会議所との交流により得られ、機会が多いほど得られるものも多くなります。メンバーには様々な機会に参加することの重要性や意義をしっかりと伝えるとともに、LOM間の情報共有やOB、行政機関等との連絡を密にとり、多くの情報を届けることで成長の機会を提供します。

今後どう変化するかわからない社会状況の中、我々の行動がくわなの未来を必ず良くすると信じ行動します。今やるべきこと、今だからできることを考え活動し、多くの学びを得て成長した我々の運動がくわなのまちを活気ある明るく豊かなまちへと導いて参ります。

所信一覧に戻る