一般社団法人 桑名青年会議所

常任理事所信

副理事長 松原健司郎

写真

副理事長
松原健司郎

【所信】

新型コロナウイルス感染拡大という未曾有の事態により、我が国を取り巻く環境は一変しました。人同士の繋がり方にも新しい価値観が生まれるなか、我々は柔軟に適応する思考力を養っていく必要があります。あらゆる制限の中、くわなをさらに活気あるまちへとしていくために我々が行っていく青年会議所活動も変化が求められます。この状況を前向きにとらえ、新しいコミュニティの在り方や活動をともに創造していく必要があります。

コロナ禍の中において、世の中の常識や価値観は多様化しています。桑名青年会議所が新しい手法で積極的な活動を推進していくためには、青年会議所のメンバー同士の積極的な意見交流が極めて重要です。活動の目的や手法、ツールにおいてもさることながら、今まで以上に柔軟かつ斬新なものの見方や考え方で議論を進めていかなければなりません。そのためにも固定概念にとらわれない新しい可能性を秘めた仲間を積極的に集め、今まで考えつかなかった手法を踏まえ、真剣に活動方針を模索します。そしてその場で生まれる新しい活動をくわなのまちへ発信し、活気ある地域づくりのきっかけとなる魅力あふれる事業の展開を推進してまいります。我々が創り上げた活動を通してまちと共存することで、たくさんの学びや成長を得ることができます。この相乗効果こそが地域における桑名青年会議所の存在意義であり、くわなをより良いまちへと変えていく仲間が集う礎となるのです。この状況下の中で活気あるくわなを目指し事業構築を経験した委員会のメンバーは地域のリーダーとして今まで以上に成長していただけるものだと確信しています。

かつて経験のない困難を乗り越えるべく、今一度、我々桑名青年会議所のメンバーはくわなの未来を真剣に想い描き、活動しましょう。そしてやり遂げた先にある我々の成長が、活気あるくわなの実現となり、次世代の青年会議所運動へ引き継がれていくのです。

所信一覧に戻る