一般社団法人 桑名青年会議所

事業報告事業報告

[2020年11月19日]

写真
写真2
【11月例会が開催されました】
ダイバーシティ推進委員会

11月例会「特別支援学級の子供たちの未来のために!」
11月例会では2つのグループに分かれて、「どんな人でも受け入れられ、誰もが相互に尊重し貢献し合っていく」というダイバーシティの観点から、桑名青年会議所が誇る継続事業「ふれあい学習会」を題材にして社会開発の意義を見つめ直しました。特別支援学級の生徒に対して障害をハンディキャップではなく個性や特性として捉え、その子たちの幸せ未来とは何かを想定して、グループ内で意識を共有し話し合い、架空の事業を構築して発表を行うことで、しっかりと問題と向き合いどういった意識を持てば良いのか、そして一人ひとりが事業に参加する意義やそれを構築した者の想いをしっかりと受け止めることで貢献できる人材となり、問題を抱えながらも自分らしく生きるために個性を生かし誰もが幸せに暮らせる社会の創造を行いました。
我々親世代がしっかりと子供たちのことを受け止め、子供たちの多様性を受け入れられる社会をまちへ提案し、社会の構築へ全力で取り組むことで未来を担うすべての子供たちが希望を持って進むことのできる環境の構築へ繋がったとのではないかと思います。