一般社団法人 桑名青年会議所

常任理事所信

副理事長 水谷 幸平

写真

副理事長
水谷 幸平

【所信】

平成というITによる情報社会の変革やグローバル化による社会が多様化した大きな変動期が終わりを告げ、新しい令和の時代が産声をあげました。桑名青年会議所は1952年の発足以来、社会が大きく変わりゆく中、くわなのまちを明るく豊かに発展するため、先人達が英知と勇気と情熱を持って活動を続けてきました。その志を受け継ぐとともに、新しい時代のニーズを捉え、くわなの未来の為に様々な運動を展開していく必要があります。

我々が青年会議所活動を行っていくには活動の礎である自身が経営する企業や勤める企業を盤石にする事が必要です。その為に企業の発展と継続的な運営に寄与出来る人材となる様、自己成長を目的とし、経営やリーダーシップを学ぶ事が不可欠です。そして、変わりゆくニーズを見極め、立ちはだかる課題を解決するだけでなく、新たに価値を創造し企業、地域を発展させることのできる人材へと昇華しなくてはなりません。また、くわなの発展には次代を担う子供達の力が欠かせません。子供達は地域を明るくし、未来への原動力になります。しかし、今の子供達は他の先進国と比べ成長過程において自己肯定感が低くなる傾向があり、将来の夢を実現する可能性が高い方に向かいがちであると言われています。子供達が考える「やりたい」「やるべき」ことよりも、「できる」ことを行動に移すのは地域の発展、そして子供自身の成長にとってマイナスです。子供達が未来に立ち向かい挑戦できる心を育て、自身を肯定的に捉えられ、可能性を大きく拡げた夢と希望を描き続けられる人材へ成長することが住まう地域の未来のために最も大切であると考えます。

未来は可能性に満ち溢れている中で、多くの志を同じくする仲間とともに、地域に寄り添い、繋がりを互いに強く紡ぎ合い、提供される様々な機会を通し多くを学び、周囲を巻き込みながら未来を切り開ける人材へと成長し、愛するくわなのまちを躍動させましょう。

所信一覧に戻る